店主のごあいさつ

TOP > 店主のごあいさつ
ishida
ハレの日、ちょっとイイ時間・・・
大切な日、嬉しいことがあった時。
それは例えば誕生日や結婚記念日など
お客様のそんな“ごほうび”の時間を過ごしていただける場所でありたい、いつも喜びや嬉しさが溢れているお店にしたいと思い、店名にかかげました。
四季折々、旬の素材を吟味した日本料理を軸に、海外のエッセンスを加えた料理はワインとのマリアージュも考えられています。
素材へのこだわりは地元の豊富な東葛野菜をはじめ、店主に所縁のある熊本や瀬戸内から産地直送で仕入れます。

PROFILE

石田 祐介 1978年生まれ
武蔵野調理師専門学校卒
銀座・本店浜作入職(昭和3年創業、東京に初めてカウンター割烹(オープンキッチンスタイル)を取り入れた草分け的老舗)
 →ここで板前としての心構えや料理の基本を学ぶ。同時に東京の国際化に刺激を受ける。
処(Basho Japanese Fusion Restaurant)
 →2005年カナダに渡り、現地生まれの日本人オーナーにスカウトされ料理長として立ち上げから参加。メニュー作成、素材探し・生産などを経験。店が安定した頃に帰国。
京料理 かねき入職
 →自分の調理技術を初心にかえり見直す。同時に店として重要なポジションに従事、経営の理念や希少な食材などを学ぶ
東葛グルメサミット(渡辺氏との出会い)
京料理かねき中国料理文菜華のコラボイベントなどで親交を深めた渡辺氏に協力を依頼し、自分の中にある「伝統的」な日本料理技術と「国際的」感性から生まれる新しいスタイルの日本料理店オープンを決意。“ごほうび”を開店する。